水素水 副作用 デメリット

水素水に副作用・デメリットがあるって本当?

水素水には副作用はあるんでしょうか?


大人気の水素水。
コンビニなどをはじめ、至る所で目にするようになりましたね。

美容効果も抜群でダイエット効果も抜群なことから、気になっている方も多いのではないでしょうか。
しかし、このような流行ものの常ですが、

「副作用あるんじゃないの・・・」
「ちょっと怪しい・・・」
「本当に効果あるの・・・」

と思っている方も多いのでは。

いくら水素水が身体に良い、効果があるって言われても副作用・デメリットがあったら嫌ですよね。今回はそんな水素水に副作用・デメリットがあるのかご紹介していきます。


厚生労働省に食品添加物として認可している水素


そう、水素自体は厚生労働省に食品添加物として認可しており、非常に安全です。
そもそも水素水は体内で活性酸素と結びつき、身体に無害な水(H2O)に変換して排出してくれるのですから、基本的にとっても安全と言えるでしょう。

この厚生労働省が認可というのはとっても信頼性があり、1995年に初めて水素が認定されたのち、定期的に再検査されていているため、安心して飲めるのです。


今のところ副作用らしい副作用はありません


そう、前述のとおり水素自体は厚生労働省に食品添加物として認可されており、基本的に今のところ副作用らしい副作用はありません。

とはいえ、完全に副作用がないとは言い切れません。
特に純粋な水素水ならまだしも、色々と他の成分が配合されているような水素水には要注意してくださいね。


とはいっても、水素水の取りすぎには要注意


何事もやりすぎはNGです。
水素水も同じで、摂取にしすぎには注意。

一般的にいわれるような必要摂取量、製品自体に推奨されている摂取量を超えないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


水素水サプリメント人気ランキング